圧着ハガキは通販で依頼

お店や会社ではお客さんにアピールする方法としてチラシやハガキがあり、今はこのチラシもハガキも進化しているという現象が起きています。昔はチラシなら色のない白黒でしたが、今はカラフルになって紙の質までいいものになっているという進化をしています。またハガキに関しても同じであり昔は普通のハガキにお知らせなどを印刷して送っていましたが、今は圧着ハガキというのになっていて中身が見えないようになっているという特徴があります。ですから大事なことや企業秘密なことそして請求書など、色々なことに使うことが出来るようになっています。圧着ハガキはネットの通販で依頼をする事が出来るようになっているので、より費用を抑えて依頼したいのであればネットの通販で探すことをおすすめします。格安な費用でできればお店や会社の経費削減になります。

お店から送られてくる圧着ハガキ

圧着ハガキはお店の販促ツールとしてよく使われます。お店に来店して住所を知らせると後日、お店からセール品情報や商品情報をのせた圧着ハガキが送られてきます。圧着ハガキは、はがきサイズのページがめくれるようになっているハガキのことです。ページをめくれることから、普通のハガキより多くの情報をのせることが出来るので、ちょっとした商品情報を写真付きで伝えることが出来ます。そういったDMは、その商品に興味を持った消費者が来店してくれ、商品を買ってくれることを目的としています。具体的な商品をハガキに載せることで、消費者の購買意欲を掻き立てやすくしています。また、ハガキに抽選番号などを載せ、当たると商品券がもらえる、というキャンペーンをやっているお店もあります。こういった販促ツールによって、消費者に興味を持ってもらうような工夫がされています。

たくさんの情報が載せられる圧着ハガキ

ごく一般的に使用されている郵便ハガキと圧着ハガキは料金がまったく変わりません。しかし記載出来る情報量に注目すると圧倒的な違いが出てきます。何故かというと普通のハガキの場合は表面と裏面にしか内容を記載できませんが、圧着ハガキであればハガキの表裏はもとよりめくる部分の裏側にも情報を載せる事が出来るからです。通常のハガキ以上のスペースを自由に使えて料金は同じだったら、そのお得さは見逃せません。ただ専門の印刷業者に依頼して作ってもらうとなると最低でも何十枚単位になる事が多いので、そんなに沢山発注する必要がない人は利用しづらい面もあります。そんな時は一枚単位で作成可能な業者をネットで探すか、簡単に自分で作成出来るキットを使用する手があります。特殊フィルムや機械を用いるなど作り方も様々あるので、自分自身が一番簡単だと感じる方法で作ることが出来ます。

free blog themes